徹底した効率化を目指した

最適な在庫管理

最適な在庫管理に必要な項目とは?

最適な在庫管理をするためには、

保管効率の向上

保管効率の向上

の2つの要素が必要不可欠になります。

保管効率


  • スペースの有効活用
    (収納の最大化)

    無駄なスペースや過剰なスペースなどを失くし、収納に対するスペースを最大化させることで、保管量の増加を行う。

  • 設備、機器の最適化

    物流倉庫やセンターの規模に応じた設備、機器の導入。設備の劣化や非効率な設備などを洗い出し、最適な設備、機器の導入を実施。などで保管量や作業効率なども共に向上する。

  • 通路、作業スペースの
    確保・最適化

    入荷、出荷時に導線となる通路を確保することで、在庫管理の業務効率化。 また、作業事故の防止へつながる。
    作業スペースの確保をすることで在庫管理にかかる時間の短縮や管理そのものの効率化を図ることができます。

物流精度


  • ナンバリングシステムによる在庫管理(収納棚・荷物)

    ナンバリングシステム導入で収納棚と荷物がついになるように管理。ナンバリングシステムによって、決められた場所に決められたものを収納するようにルール決めを行う。

  • 効率的な管理ルール作成

    ナンバリングシステムのルールから荷物管理や収納方法に関するルールを作業者と管理者間で共通のものを作成。

  • 作業マニュアルの作成

    ピッキング作業や入荷作業など各行程の作業マニュアルの作成。 マニュアルは、誰がどの行程を担当してもわかるようなルールにする必要があります。

  • チェックシステムの導入

    機器的なチェックは、もちろんのこと作業者と管理者での人的チェック方法の導入。

  • 大阪本社

    06-6745-9703

    関西・四国・中国・九州その他の地域の方

  • 東京支店

    03-6658-4419

    関東・東北・北海道の方

  • 名古屋営業所

    0568-65-8377

    東海・中部の方

© Logical Service All Rights Reserved

PAGE TOP